日本が変動相場制になった経緯

日本は、過去には固定相場制を採用していました。というよりも、日本だけではなくて世界が固定相場を採用していたのです。しかしながら、世界経済が大きく変化してきたことによって、為替レートを固定することに無理が生じてきました。ドル円の話をすれば、日本が経済力をつけてきたために、適切ではないと言われるようになりました。

 
具体的には、日本が経済力をつけてきたために、円の価値はもっと高いと考えられるようになったのです。そのために、円が何度か切り上げられるようになり、最終的には固定することをやめてしまいました。これによって、ドル円レートは市場に任されるようになり、一気に円高になったと言えるでしょう。
適切ではないというのは、恐らくアメリカの意向でしょう。実態以上に円安の状態であったために、日本の輸出競争力が高くなってアメリカの企業を圧迫することが懸念されたのです。それがアメリカの経済を弱くしていると考えられるようになりました。このような政治的な圧力もあって変動相場制に移行したと考えられます。

 
その後はドル円は、一時的に変化はあったものの、全体的に見れば円高になりつつあると言えるでしょう。円高トレンドがドル円の歴史とも呼ぶ事ができます。

Comments are closed.