国際商品市況の現状

国際商品市況の動向は幾つかの大きな要因に影響を受けています。現在では、景気の回復に伴って、各商品の需給が改善していることが要因となり、世界各国の金融緩和政策や供給の滞りも要因として加わり、商品価格の価格変動の要因となっています。又、近年では、地政学的な要因などが各商品の価格に影響を及ぼすことで、市場価格の変動をもたらしています。

a0001_013026
地政学リスクや各種の天災などによって、市場の将来性が不透明になると、比較的安全な資産として認識されている貴金属の価格が上昇する傾向があり、これらの価格変動が産油国における地政学的なリスクである場合は、原油の価格を急激に上昇させる要因になります。このような要因でもたらされる原油の価格高騰は、市場の不透明感を一層助長させる要因になることが多く、市場の変動としては、好環境という状態ではありません。商品市場はこの原油価格と連動する事もある為に、原油価格の上昇は商品取引において価格高騰の要因となります。

 
現在、この商品市場は、基本的な金属の取引については価格が上昇しやすい状況が続いており、貴金属については市場の動向が不透明であることから、価格が高騰している状況が続いています。

Comments are closed.