円ドル相場

円ドル相場が日本の経済に大きな影響を与えます。グローバル企業が多くあるということから、海外との取引を行う企業が増えていますから、為替が重要だと言うことは言うまでもありません。では、なぜユーロやポンドではなくてドルなのでしょうか。これにはいくつかの理由がありますが、やはりドルが基軸通貨だからだというのがもっとも妥当な表現です。

 
基軸通貨とは、貿易の決済に用いられる通貨のことを指します。ですから、日本の企業が海外に何かを売ったときの代金はドルで得られます。また、海外の企業から何かを買ったときにはドルを渡すことになります。これが基軸通貨という意味です。

 
ですから、ドルのレートが変化することによって海外との貿易の状態は大きく変わると考えられるのです。そのために、ユーロやポンドではなくてドルが重要視されていると言えるでしょう。

 
では、ドルの価格はどうやって決められているのかというと、これは相場で決まります。実需と投機の両方が影響していますが、金融機関同士の取引によって価格下が決定します。つまり、誰かが決定しているというわけではなくて、多くの取引の結果としてドルの価格が決まるのです。これが相場と言われる意味です。

Comments are closed.